DVD はいからさんが通る (3.3点) ★レビューを参考にする
  • 旧作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいからさんが通る

監督: 佐藤雅道
出演: 南野陽子阿部寛田中健丹波哲郎

ジャンル:邦画 / ドラマ / ラブロマンス

スポットレンタル価格:50円

レンタル開始日:2004-07-09
収録時間:90分

大正後期を舞台に、お転婆でハイカラな少女が繰り広げる恋と冒険を描いた同名コミックの映画化。女学校を卒業したばかりの花村紅緒は、祖父の決めた許婚である青年将校・伊集院忍と出会い恋に落ちる。だが彼はシベリアへと出兵し、消息を絶ってしまう。

  • DVDで見る
  • ブルーレイで見る

【レンタル期間延長中!】2017年07月31日 13:00ご注文分まで
スポットレンタル期間 20日間(21日目の早朝 配送センター必着)

※発送完了日から返却確認完了日までの期間となります。

作品情報

レンタル開始日 2004-07-09 制作年 1987年
制作国 日本 品番 :DRTD02248
脚本 :西岡琢也 原作 :大和和紀
音楽 :萩田光雄、大谷和夫 収録時間 :90分
メーカー 東映ビデオ 音声仕様 :日:モノラル
特典 :「ごめんあそばせ!! NANNO IN はいからさんが通る」、フォトギャラリー、予告編 :カラー
画面サイズ :ワイド    

はいからさんが通るに興味があるあなたにおすすめ! [powered by deqwas]

    レビュー

    12件
    はいからさんが通るのレビュー
      この作品についてレビューを投稿する
    現在12件のレビューが投稿されています。
    3点

    面白かった。

    5点

    学生時代のアイドルで演技は下手でしたが、久しぶりに見たら懐かしく思い出しました。

    5点

    言ってしまえば小規模のアイドル映画なのだが、数々の制約の中でも、原作の持ち味を生かそうという監督、スタッフの熱意が伝わって来る佳作。
    紅緒と少尉の出会いから、紅緒の花嫁修業、少尉の出征、シベリアでの戦死の報告、紅緒と青江編集長との恋、そして……怒涛のラストと言う具合に、
    原作のポイントポイントを拾い集めて力技で一本の映画にしている。切り捨てられたキャラ、エピソードは多く、特に美少年・蘭丸がいないのは相当寂しい。
    それでも、初々しい南野陽子と阿部寛は、それぞれ原作のイメージに近いし、技術的には拙劣でも、真っ直ぐな演技は好感が持てる。
    脇を、柳沢慎吾、丹波哲郎、田中健、野際陽子、篠山葉子、本田博太郎、松原千明、風見章子などが固める。
    しかし、園遊会での阿部寛のスタイルはまるっきり80年代だし、鬼島が本田博太郎と言うのは原作ファンは死んでも納得できまい。いい演技してるけど。
    DVDには、かなり長めのメイキング映像が収録されていて、これが本編より面白いかもしれない。

    3点

    雰囲気の良い往年のアイドル映画です。野暮を承知で敢て難を言うと、お話の背景にシベリア出兵などの歴史があるのですが、米騒動は描けなかったのでしょうね。多分、原作の漫画にも無いはすです。今の世相は、ワーキングプア現象、値上げ、小説「蟹工船」ブームなどに見られるように、大正時代に奇妙に似ています。もしもこの映画で米騒動など、シベリア出兵開始後の投機買いに起因する物価高による庶民の生活苦を少しでも描けていたら、この映画も「蟹工船」のように今頃は再び脚光を浴びていたのかも。

    4点

    面白かったけど、最後...  ネタバレレビューのため一部のみの表示です (全文を表示する)

    ユーザーレビュー:12件

    この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

    レビューを書く
    TOP