• 旧作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイ・コード 殺しのナンバー

監督: カスパー・バーフォード
出演: ジョン・キューザックマリン・アッカーマンリーアム・カニンガムリチャード・ブレイク

ジャンル:洋画 / ミステリー・サスペンス / アクション

スポットレンタル価格:80円

レンタル開始日:2014-01-10
収録時間:88分

■作品情報はこちら

世界中のCIA工作員に暗殺指令を発信する“乱数放送局”をモチーフにしたスパイサスペンスアクション。CIAのベテラン暗殺エージェントが、CIA最重要幹部15人の暗殺というニセの指令を阻止すべく、暗号解読に挑む姿を描く。

  • DVDで見る
  • ブルーレイで見る
  • 動画配信で見る
アイコンの説明

貸出中のアイコンが表示されている作品は在庫が全て貸し出し中のため、レンタルすることができない商品です。アイコンの中にあるメーターは、
作品の借りやすさを5段階で表示しています。目盛りが多いほど借りやすい作品となります。
※借りやすさ表示は、あくまでも目安としてご覧下さい。

スパイ・コード 殺しのナンバーに興味があるあなたにおすすめ! [powerd by deqwas]

    スパイ・コード 殺しのナンバーのレビュー
    現在6件のレビューが投稿されています。
    レビュー総合評価
    (2.5点)
    評価分布
    星5つ
    (0)
    星4つ
    (0)
    星3つ
    133%
    (4)
    星2つ
    33%
    (1)
    星1つ
    33%
    (1)
    作品の印象グラフ
    1点

    くそ映画でした。時間返せ。駄作です。深夜でも放送しないと思います。

    2人中、2人が参考になったと評価しています。
    2点 シンドラーのメモ帳 (1083)

    こんなこと無いだろうと思ってしまった映画。近年のCIAモノでは、恐らく最も安直で、最も安く上げた代物だと思う。
    まず、暗号発信係とアナウンス係が同一人で、三交代か四交代、しかもたった一人で、その護衛が交代制ではなく固定制で、それも一人である。世界を暗躍するエージェントの命令系統において、最も中心的な部署がこんな手薄であるはずがないだろう。
    さらに、主人公がパスワードと共に本部へつなぐホットライン・・・。これが重大なアイテムなのだが、これは一体どうしたのだろう? あまりに安易でお笑いの範疇だ。映画を観ればわかるが、そうなった時点で、基地自体がミサイルか何かで爆破されると思う。
    そもそも、エージェントが予め持っている変換シートと、短波による暗号発信だけで指令系が形成されていること自体が嘘臭い。まあ、それを言ってはおしまいだが。
    映画自体も、その九割がワンシーンに限定されており、登場人物も主に二人で、極端に低予算の映画だとも言える。
    「ゼロ・ダーク・サーティ」のようなリアルな諜報作業とか、「007シリーズ」のような面白くて手に汗握るスパイものを期待した分だけ、ガッカリする。ヒマだったらどうぞ的な映画であろう。

    4人中、1人が参考になったと評価しています。
    3点 鬼瓦 (969)

    低予算を思わせる内容ながらこじんまりと良い具合にまとまっている。
    いかにもイギリスらしい映画。

    キャストは少なく舞台も限定されている…いたって地味である。
    だが微妙なバランスの上で額から汗が流れるのを感じさせてくれるような
    緊張感を味わえる。

    星3個。このあたりが最大の賛辞。

    1人中、0人が参考になったと評価しています。
    3点 kazu_saku (244)

    困った顔が最高にお似合いの
    ジョン・キューザック。
    深い悩みを抱えるプロフェッショナル
    の役回りはイメージピッタリですね。
    舞台の設定が面白いのですが、
    特段のひねりのないままにエンドロール
    になってしまって、拍子抜け。




    3点 にゃんとろ (1364)

    任務中、罪のない少女を死なせたことで心に重荷を背負った主人公は、
    イギリスの暗号発信局へ飛ばされ、暗号作成のプロである民間人女性の護衛をすることになる。
    そんなある日、いつものように出勤してきた二人は、建物に侵入した何者かによって襲われる。
    二人は基地の中に閉じこもるが、既に複数のニセの暗殺指令が出されていることに気付き、何とかそれをキャンセルしようとする……。

    舞台はほとんど、小さな発信局の中に限られ、登場人物も少なく、ストーリーも起伏に乏しい。
    ジョン・キューザックとマリン・アッカーマンのコンビは、それなりに魅力的で、ラストもホッとさせられるのだが、
    全体的に地味で、盛り上がりに欠ける。つまらない訳ではないが。

    レンタル開始日 2014-01-10 制作年 2012年
    制作国 イギリス 品番 :AVBF-73425
    原題 :The Numbers Station 制作 :ナイジェル・トーマス
    脚本 :F・スコット・フレイジャー 音楽 :ポール・レナード=モーガン
    収録時間 :88分 メーカー エイベックス・ピクチャーズ
    音声仕様 :英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ 面層 :片面2層
    :カラー 字幕 :日・吹
    画面サイズ :ビスタ    
    ユーザーレビュー:6件

    この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

    レビューを書く
    TOP