• 旧作
  • 吹替あり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロワッサンで朝食を

監督: イルマル・ラーグ
出演: ジャンヌ・モローライネ・マギパトリック・ピノー

ジャンル:洋画 / ドラマ

スポットレンタル価格:80円

レンタル開始日:2014-02-04
収録時間:95分

エストニアの新鋭、イルマル・ラーグ監督が母親の実話を元に描く感動作。憧れのパリにやって来た家政婦と、裕福だが孤独な老婦人という境遇の異なるふたりが、反発しながらも固い絆で結ばれていく。主演は『死刑台のエレベーター』のジャンヌ・モロー。

  • DVDで見る
  • ブルーレイで見る

作品情報

レンタル開始日 2014-02-04 制作年 2012年
制作国 フランス / エストニア / ベルギー 品番 :PCBP-72867
原題 :Une Estonienne a Paris 脚本 :イルマル・ラーグ、アニエス・フォーヴル、リーズ・マシュブフ
音楽 :Dez Mona 収録時間 :95分
メーカー ポニーキャニオン 音声仕様 :フランス・エストニア:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
面層 :片面2層 :カラー
字幕 :日・日(大字幕)・吹 画面サイズ :ビスタ

クロワッサンで朝食をに興味があるあなたにおすすめ! [powerd by deqwas]

    レビュー

    22件
    クロワッサンで朝食をのレビュー
      この作品についてレビューを投稿する
    現在22件のレビューが投稿されています。
    評価分布
    星5つ
    (0)
    星4つ
    50%
    (1)
    星3つ
    150%
    (3)
    星2つ
    (0)
    星1つ
    (0)
    作品の印象グラフ
    3点

    見た目で選んだ映画でした。ヨーロピアンな雰囲気に癒されました。

    3点 こぐまなっつ

    人間関係を中心に描いているお話です。
    ストーリーはまとまってますが、一回見て理解できる話ではないので、少し難しいと思います。
    それぞれの配役のセリフや行動は良いものだと思います。

    5点 はぴぃさいえ

    パリとクロワッサンの組み合わせで何となく手にとりましたが、なんかよかったです。
    静かにゆっくりしたトーンで、ジャンヌモローが役にもピッタリで。
    女性向けかなと思いました。

    3点 ゆずみかん

    あこがれのパリで働けると意気揚々と仕事につくも、性格のきついおばあさんの家政婦となる事に。パリといえば若者のラブストーリーが似あうけれど、これはまた違うパリ。あるいみ孤独老人たちの現実。暗いテーマになりがちですが、そこをパリの明るさと美しさでカバーしています。

    4点 puchinina

    ジャンヌモローの糸で引きつったような顔がド迫力でした。
    しかし、偏屈な意地悪ばあさんっぷりに移民としての苦労、そして孤独を感じました。
    ジャンヌの演じるフリーダは朝からリップ、髪をセットし、目元、頬をリフトし女に凄まじい固執を見せます。またそれもフリーダの今の孤独を物語っているように感じました。
    (別に女性として身なりを整える老女が孤独だと言っているわけではありません)
    友情はフリーダの孤独を埋めるには重たいし、愛は男の孤独を埋めるには重たいんですねぇ。
    フリーダは意地悪クソ○バアですが、頭も良くユーモアもあり、愛情深く、またとても可愛らしくて憎めません!
    そして、アンヌもまた孤独な女性であり、フリーダの人生との穏やかな共鳴に心打たれます。
    話としては、ドライビングミスデイジー、セントオブウーマンなどような偏屈老人とのヒューマンドラマがベースでよくある感じですが、とてもクセのある映画で好き嫌いが分かれると思いました。
    全体的に暗いし。
    私は結構好きですが。

    ユーザーレビュー:22件

    この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

    レビューを書く
    TOP