• 旧作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のいちばん長い日 (2015)

監督: 原田眞人
出演: 役所広司本木雅弘松坂桃李堤真一山崎努

ジャンル:邦画 / ミステリー・サスペンス / ドラマ

スポットレンタル価格:103円

レンタル開始日:2016-01-06
収録時間:136分

『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督が、半藤一利の同名小説を映画化。1945年7月、連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か…。玉音放送をめぐる政府首脳の動きと終戦反対派の青年将校たちのクーデター計画が明かされる。

  • DVDで見る
  • ブルーレイで見る

作品情報

レンタル開始日 2016-01-06 制作年 2015年
制作国 日本 品番 :DB-9863
脚本 :原田眞人 原作 :半藤一利
音楽 :富貴晴美 収録時間 :136分
メーカー テレビ朝日 音声仕様 :日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
特典 :特報、予告、TVスポット :カラー
字幕 :日・英 画面サイズ :シネスコ
映画賞受賞履歴
2015年  第89回 キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞 本木雅弘
2015年  第58回 ブルーリボン賞作品賞 原田眞人
2016年  第39回 日本アカデミー賞最優秀助演男優賞 本木雅弘

日本のいちばん長い日 (2015)に興味があるあなたにおすすめ! [powerd by deqwas]

    レビュー

    151件
    日本のいちばん長い日 (2015)のレビュー
      この作品についてレビューを投稿する
    現在151件のレビューが投稿されています。
    評価分布
    星5つ
    (0)
    星4つ
    111%
    (5)
    星3つ
    44%
    (2)
    星2つ
    44%
    (2)
    星1つ
    (0)
    作品の印象グラフ
    3点 ぴ。

    よかった

    4点 ナオト

    良かった

    5点 early

    終戦に向かう日本の葛藤が良く表現されているが、個々の発言や行動の信憑性を深く考えさせる!

    5点 JAZZ

    2015年(平成27年)の作品。原作は半藤一利氏の「日本のいちばん長い日 決定版」。原田眞人監督により2度目の映画化(最初の作品は岡本喜八監督による1967年版)。第二次世界大戦後70年に当たる年の8月に公開。物語の中心人物は陸軍大臣の阿南惟幾(役所広司)、天皇陛下(本木雅弘)、鈴木総理(山崎努)、内閣書記官長の迫水久常(堤真一)そして若い陸軍将校の畑中少佐(松坂桃李)。その他の俳優含め、演技が素晴らしい。戦争を描いた作品には賛否両論があると思う。「歴史を正しく認識しよう」という肯定的なものと「戦争を美化している」という批判的なものだ。僕は様々な意見を知り、そして自分で考えることが重要だと思う。たまには、映画を観て深く考えることもいいんじゃないかな。この映画は紛れもない事実を描いているけど、そこにある真実を見出すのは観る者自身だ。この映画には、今の日本の戦後復興の原点が記されている。

    5点 ぷりん

    よかった!

    ユーザーレビュー:151件

    この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

    レビューを書く
    TOP